派遣&アルバイト キャッシングするならこの会社

アコム

即日融資ならアコムが早い!アコムは消費者金融でも審査時間、即日融資スピードはトップクラスです。審査時間は最短30分、平日14時までにアコムへ本人確認書類をFAXしアコムが確認すれば、当日に振込融資が可能となっています!

三菱UFJフィナンシャルグループの絶対的な信頼感と安心感によって顧客対応は非常にレベルが高く、銀行系消費者金融の代表的な存在です。

金利4.7%〜18.0% 限度額最高500万円は借り換えやおまとめローンとしても利用が可能になっています。

金利 限度額 審査時間
4.7%〜18.0% 最高500万円 最短30分

>>アコム公式サイトはこちら<<

プロミス

プロミスは金利に続き、即日融資でもランクイン!プロミスは正式審査回答まで最短30分!平日14時までにWEB契約完了することで即日融資が可能です!

即日融資は消費者金融カードローンの独壇場と言っても良いほど、消費者金融のレベルは高いです。プロミスも平日14時までのWEB契約をクリアすれば、自分名義の銀行口座へ申込み当日に振込融資OK!プロミスポイントサービス申込みで30日間無利息サービスも合わせれば、金利・即日融資ともに満足できる内容となっています。

金利 限度額 審査時間
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分

>>プロミス公式サイトはこちら<<

モビット

三井住友銀行グループのモビットは抜群の知名度と安心感により、人気が高いカードローンです。金利は4.8%〜18.0%、限度額最高500万円とスペックは高く、PC・スマートフォンからWEB完結ができる為、電話連絡・郵便物は一切無く借入することが可能です!

モビットカードの発行もありませんので、カードローン借入を知られたくない人などは、モビットへの申込みがおすすめです。モビットは平日14:50までに振込手続き完了で即日融資が可能(審査によっては不可もあり)となっており、スピード審査・即日融資対応は上位のカードローンとなっています。

金利 限度額 審査時間
4.8%〜18.0% 最高500万円 ※最短30分

派遣キャッシング@消費者金融なら借入可能

パート・アルバイト・派遣社員・日雇いさん、主婦の方も安心!

一定の安定した収入を得ていれば、雇用形態に関わらず、融資可能な場合が多いのです。
正社員ではないから、と諦めるのはまだ早いのです!

 

消費者金融でクレジットカードを作ろうと思った時に基本的に必要になってくるのが在籍確認というものです。在籍確認は勤め先の会社に電話がかかってくるために他の人に電話を取られたり、個人で会社をやっているところで固定電話がないときなど、自分以外の誰かに借り入れをしようとしているのが知られてしまうんじゃないかと不安になっている方もおられると思いますが在籍確認なしで借り入れできるんです。このため、主婦やパート、アルバイト、派遣の方にもご利用可能となり大変便利になっています。派遣の方などはほとんどの方が色んな所に派遣されて外出されていると思いますので会社の固定電話に出るというのが難しいと思いますが在籍確認がないとその心配も必要になく、誰かに知られてしまうかもという事もないので安心してご利用いただけます。

消費者金融は借入する人をウェルカムしている

ここ十何年不景気が続き、正社員で仕事が見つからず「派遣社員」という
雇用形態で働く人が増えています。

 

 

 

「派遣」は社員と言う言葉はついていますが大抵は雇用期間が決められていて、
延長されなければそこで仕事は終わりになります。

 

 

 

もちろん派遣会社に登録をしているので、
派遣元がまた新たに仕事先を紹介し契約になれば直ぐに仕事をする事はできますが、
見つからないと無職になってしまうのが「派遣」と言う働き方です。

 

 

 

 

 

つまり派遣社員は普通の正社員に比べ身分が不安定で、
いつ何時仕事がなくなるかわからない状態なのです。

 

 

 

 

 

一方で「キャッシング」というのはお金を貸す相手の返済能力をみており、
安定した収入のある人を対象にしています。

 

 

 

そのため収入も不安定で、「将来もどうなるかわからない派遣社員ではキャッシングの審査にも通らないのではないか」、
と不安に思われている方もいるでしょう。

 

 

 

 

 

しかし安心してください、

 

 

 

派遣社員でもキャッシングできるところがあるのです。

 

 

 

 

 

そんな派遣の方でも借入できる大手キャッシングサービスを紹介します。

派遣のキャッシング@借入可能な消費者金融

お金の借入れを検討の方は会社の知名度や金利、融資までにかかる時間など
いろいろな点をチェックされるでしょうが、一番重要なのが金利です。

 

借入れをするのであれば低金利の会社から借りるのがオススメ。
お金をいくら借りるにしても低金利の方が総返済額が少なくて済みますし、
返済期間も短くすることができます。
また精神的な負担も軽くて済みますので、低金利の会社をあれこれ比較して借りるのが賢い選択と言えるでしょう。

 

名前を挙げるとすれば代表的なところでプロミスやアコム、モビット、アイフル、レイクなどは低金利で借入れができる会社です。
どの会社も比較してみると金利の幅がありますが、低金利で借りれることが分かるかと思います。

 

実際に借入れするときの金利は各会社で審査を受けて、契約を結ぶときでないと分かりません。
また利用限度額もいくらになるのか分かりませんので、低金利の会社を比較するのならば
何社か審査を受けてみて、その結果を比較すると良いでしょう。

 

 

利息と金利の違い

ガッツポーズをとる女性

利息と金利、それぞれ違う言葉ですから同じものではないというのは皆さんご存知だと思います。
ですが、利息と金利の違いとは何かと聞かれてはっきりと答えられるという方は意外と少ないのではないでしょうか?
利息も金利もお金を借りる場合には必ずチェックしておかなければならない重要なものです。
それぞれの違いをしっかりと把握しておきましょう。

 

金利はお金のレンタル料金

金利というのはお金を借りる時の使用料のようなものです。
銀行からにせよ消費者金融からにせよ、お金を借りる場合金融機関はただお金を貸してくれるわけではありません。
お金を貸すことで利益を得なければいけないわけですから、お金を借りるためにその料金を支払わなければなりません。
どのくらいの料金を支払うのか、これを決めるのが金利ということになります。

 

利息は実際の使用料金

利息というのは、金利と借入額、借入期間から求めた実際の料金のようなものです。
たとえば、10万円を金融機関から1年間借り、金利を10%とします。
10万円の10%は1万円で、この1万円という額が利息ということになります。
つまり、最終的に金融機関に支払う額は借りたお金10万円と利息1万円を合わせて11万円ということになり、金融機関はこの1万円の利息を受取ることによって利益を得るということになります。
金融機関からすれば利息をもらわなければ利益が出ないということになり、利用者からすれば利息を支払うことでお金を借りることができるというわけです。

 

金利は借入額の何%を利息として支払ってもらうかを決めるためのもの、そして利息は実際に借りた額と金利から求めた料金ということになります。
金利が高ければ高いほど多くの利息を支払わなければならないということになり、借入額を大きくなればなるほど利息の額も大きくなっていきます。
場合によっては利息の支払いだけで精一杯なんてことにもなってしまいますから、お金を借りる場合には金利と利息についてしっかりと確認しておく必要があります。

借入れ利息の計算方法

スーツを着た男性の左手

キャッシングの利用を検討されているのであれば、利息の計算方法をしっておかないといけません。
キャッシング会社からお金を借りると借りたお金だけを返せばいいという訳では無く、その金額や日数に応じた利息を支払う必要があります。
利息が多いと返済が苦しくなり、他社から借入を行い多重債務に陥ったり、もうどうすることもできず自己破産に追い込まれてしまう可能性があります。
キャッシングで失敗する人の多くは、実際にどのくらいの金利でどのくらい借りたらどのくらいの利息が発生するのかを理解せずに借りてしまっている傾向が強いです。
キャッシングで失敗しないためにも、どのようにして利息が算出されるのかを知っておく必要があります。
利息の計算方法をしっかりと理解することによって、計画的な返済を立てることができるので、これからキャッシングを利用される人はきちんと覚えておきましょう。

 

利息の計算は金利設定を知ることから

まず、利息の計算をする時に必要になるのが、各キャッシング会社が定めている金利というものです。
金利とは、お金を貸し借りする時に発生する使用料のことで、借りる金額やキャッシング会社によってこの数値は異なり、パーセントで示されています。
この金利が低い方が安くお金を借りることができ、金利が高いと利息も高くなるので、毎月の負担が大きくなります。
そのため、金利が安いところからキャッシングを行った方が、利息が低いので返済が楽になるということです。

 

キャッシングの利息は、借入残高×金利÷365日×利用日数という計算方式で求めることできます。
あるキャッシング会社から10万円を金利17パーセントで30日間借りた場合だと10万円×17パーセント÷365日×30日という計算になり、1,397円が利息になります。

 

例えば、この際に1万円を支払うとすると1万円から利息1,397円を差し引いた金額が元金充当になり、この場合だと元金充当は8,603円です。
そして、10万円から元金充当8,603円を差し引いた金額が残元金になり、今後は残元金をもとにして利息の計算を行います。

 

どこから借りていいかわからないあなたへ・・・

やみくもに探すとヤミ金や街金など危険な業者から 知らないうちにお金を借りてしまうことがあります。 正規の消費者金融を探してくれる代行業者がありますので、 そちらの利用をオススメします! 利用は無料ですよ! >>お金を貸してくれる所を探す!

このページの先頭へ戻る